家族の協力




いくら節約・倹約をしようと思っても、自分ひとりでできることには限界があります。 特に家族と同居している場合、家族全員の協力が必要になります。

例えば「部屋を出る時には電気を消す」、「歯を磨く時には水を止める」ということも、 家族全員で行えば効果は2倍、3倍となります。

より大きな効果を得るためにも、家族同士がお互いに気を付け合って、 節約するのが当たり前の環境になると、自然と貯蓄にも繋がるはずです。
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0