銀座とんかつ「とん喜(とんき)」

銀座駅から歩いて数分という、銀座のど真ん中にある昔ながらのとんかつ屋さんです。堺正章の「チューボーですよ」で銀座(とんかつの)の巨匠として紹介されていたお店でもあります。

とんかつだけでなく、エビフライ、アジフライ、メンチカツ、しょうが焼きなど、いろいろな定食を取り揃えているので飽きずに通えるお店です。

ちなみに本当のお店の書き方は七を三つ書いて「き」と読ませます(フォントが無いんですよ)。


銀座とんかつ「とん喜(とんき)」 の店舗情報

写真
住所東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビルB1
営業時間ランチ 11:30~15:30(月〜日・祝) ディナー 17:00~22:00(月〜金)
定休日無休
感想写真は「メンチカツ定食 950円」。高温で揚げた衣がカリカリ、そしてサクサクで、 中はジューシーで噛んだ瞬間口の中に旨みがじゅわっと広がります。 今回はメンチカツを注文していますが、ヒレカツやロースカツ、 カツ丼など、いろいろなメニューがもれなくおいしいお店です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です